各部の紹介

仙台放送の各部署について紹介します。テレビ局には報道や制作やスポーツ等の番組制作部門、映像制作や番組を送出するための技術部門、営業、事業、新規事業の収入に関連する部門など、多種多様な業務を行う部署があります。
主軸である放送と時代に合ったエンターテインメントを提供しながら、視聴者の皆様や地域の力になり続けることを目指して、次世代の環境変化に強い組織作りを進めています。
希望職種へのこだわりを大事にしながら、テレビ局、宮城・東北という広い視野で仙台放送で何をやりたいかをイメージし、仕事への意欲を高めて欲しいと思います。
番組審議室
番組審議会を運営し様々な意見を放送に活かします。また視聴者対応の業務も行います。
経営企画室
テレビ業界を取り巻く環境の現状分析から、未来に向けて仙台放送が進化し続けるためには何が必要なのか?今取り組むべき課題は何か?等を調査・研究しています。
経営管理部
会社の全ての業務はもちろん、経営に関するお金のこと全般を扱います。
総務部
仙台放送に働く人達全員のためのあらゆる業務を行います。人事、労務、福利厚生、管財、秘書業務等、ヒトとモノの両面で会社をバックアップします。
人事部
仙台放送に働く人全てのために、人事、労務、福利厚生面からバックアップします。
採用やインターンシップも運営します。
システム部
テレビ局として業務を継続するための様々な機器の管理、運用などを行います。ハードとソフトの両面で会社を支えています。
広報部
企業広報の各種展開、各媒体からの取材対応の他、社内外に向け様々な広報活動を展開しています。
広報戦略部
仙台放送が仙台市内中心部に展開するイベントスペース「仙台縁日」をプロデユース。映像体験やトークショーなどのテレビ局らしい催し物を視聴者の皆さんにダイレクトに届けています。イベント・番組・ネットなど様々な出口からPR情報を発信するなど、多角的な展開で仙台放送の新たなブランディングをしています。
報道部
エリア内での様々な出来事や事件事故の取材を行います。宮城の報道機関として、記者達が日夜各地を走り回っています。「FNN仙台放送プライムニュース」は生活により密着した情報を分かりやすく伝えるというコンセプトで制作し、「ニュースといえば仙台放送」を目指しています。
スポーツ部
2013年、楽天イーグルスが念願のパ・リーグ制覇を果たし、日本シリーズも制して日本一になりました。宮城のスポーツ熱はますます高まっています。ベガルタ仙台、仙台89ERS、さらには女子サッカーのベガルタ仙台レディースやバレーボールの仙台ベルフィーユなど様々なジャンルで地元チームが大活躍 !! 仙台放送では「スポルたん!LIVE」、「FNN仙台放送プライムニュース」などで最新のスポーツ情報を発信しています。系列、エリアを見渡してもこれだけ多面的に番組展開しているローカル局は少なく、「スポーツの仙台放送」という伝統が受け継がれています。
アナウンス部
仙台放送の顔として、番組はもちろんイベントや様々な場面で地域に情報を発信しているアナウンサーの面々。多彩な顔ぶれを詳しく知りたい人は、アナウンサー・ページの「アナ・ログ」をご覧下さい。
放送部
番組やCMの送り出しに関わるすべての業務を行います。放送の送出を行う心臓部として24時間365日稼働し続けています。また中継局の設置、保守管理では県内をくまなく回り、放送をエリア内に届けるための最後の仕上げをしています。
映像制作部
カメラ、編集、音声、美術など番組や中継に関する技術全般を担うプロフェッショナル集団。番組ディレクターが作りたいと思う映像世界は、高いスキルを持った「技術さん」達がいるからこそ実現し、番組が制作できるのです。
編成部
自社のブランド力を進化させるための番組の編成・広報を推進するまさにテレビ局としての仙台放送のブレインともいえる集団。ローカル枠における番組制作の企画開発、視聴率などの各種データの調査・分析、番組購入及び販売、さらには著作権関連や考査など、番組編成に関連する広範囲にわたる業務を担当しています。
制作部
仙台放送の番組を作り続けるクリエイター集団。土曜午前の定番となっている情報生番組「あらあらかしこ」は、最新のグルメ・ファッション情報はもちろんイベントの生中継や生ライブ等も発信し、常に新しい「何か」を作り出しています。
東日本大震災特別番組「ともに」は震災後から毎月継続して放送しています。そのほかドキュメンタリー、ミニ番組など、ローカルから全国ネットまで様々な番組を制作。現場は多くのスタッフの情熱でいつも活気にあふれています。
マーケティング室
営業に関する企画立案やCM枠の管理や番組との調整等を行います。営業部門のバックアップだけでなく、全社的な視点で様々な展開をプランニングしています。
営業部
地元宮城だけでなく東北地区の各スポンサーにCM枠のセールスを行っています。テレビの媒体価値や、トレンドや消費を作り出す20~30代の男女から圧倒的に支持されている自社の魅力を武器に、収入面で会社を支えています。
事業部
例年年間およそ50以上のイベントを運営しています。世界規模で展開されている大型公演のほか、話題性のある舞台、ライブ、展示会など様々なエンターテインメントを県民の皆様に提供しています。ファッションショー「東北ドリームコレクション」を主催しています。
マラソン事業室
「東北みやぎ復興マラソン」の企画・運営を担当しています。
東京支社編成業務部
フジテレビをはじめとするFNS系列各局との渉外調整窓口。いわば“仙台放送の外交官”として編成・営業両サイドからバックアップ。
東京支社営業部
首都圏のナショナルクライアントを対象にCM枠のセールスを行っています。仙台地区はもちろん系列各地区や全国のテレビ局が競合する中で、仙台放送ならではの広告効果を積極的にPRし、各スポンサーからの信頼を得ながら売上に繋げています。
関西支社営業部
大阪を中心に東海地区から九州地区までの広いエリアで営業活動を行っています。宮城地区での広告効果を高めたいクライアントに、様々な企画を提案しセールス活動を行っています。
企画制作部
デジタル時代に向け、新たな売り上げを生み出すソフトの企画・制作・販売を行います。脳トレブームの火付け役東北大学・川島隆太教授と連携して進めている脳科学に関するコンテンツ作りはさらに進化中!
自社で制作しているフリーペーパー「仙臺いろは」はネット・テレビと連動した仙台放送ならではのクロスメディア展開として読者やスポンサーから好評を得ています。
デジタル事業部
デジタル放送のビジネスモデル構築とコンテンツやシステムの開発を行います。医療機関検索サイト「ドクターサーチみやぎ」は医療セミナーも展開し、その時々に合わせたテーマでの講演イベントは毎回大盛況。
また、「地産地消市場仙臺いろは」は被災地の生産者支援と合わせて、県民の皆さんの食生活にも役立つ情報発信もしています。