コンセプト

結に込めた想い

災害の発生を防ぐことは、できません。
大事なのは、日頃から災害を意識し、被害を最小限に抑えること。
これを減災と言います。
東日本大震災を経て、この想いを忘れないよう、
減災の知識を詰め込んだ風呂敷を創りました。
大切なものを包んだり、テーブルクロスとして広げたり…。
普段から持ち歩いてもらい、減災の知識を知ることで、少しでも被害を抑えたい。
人と人の絆を結び、心の絆を結ぶ…。
減災風呂敷「結」には、そんな願いを込めています。

減災風呂敷

商品名 減災風呂敷 「結」(ゆい)
(減災ミニガイドブック付き)
素材 綿 100%※防炎加工有り
日本防炎協会の検査済み
サイズ H900×W900
販売価格 3,086円(税込)
企画 株式会社仙台放送
監修 東北大学 災害科学国際研究所
津波工学研究分野 保田真理

監修-東北大学「災害科学国際研究所」 IRIDeS international Research of Disaster Science-

 東日本大震災を受け東北大学は、2012年4月に新たな研究組織「災害科学国際研究所」を設立。
  被災地の大学として被害軽減に向け国内外の大学・研究機関と協力しながら、自然災害科学に関する世界最先端の研究を推進。具体的な問題解決を指向する実践的防災学の礎を築きます。

 この実践的活動の一つとしてこの風呂敷が企画されました。
東北大学津波工学研究分野の防災士 保田真理さんが実際に被災した経験をもとに「大震災の中で本当に役に立つものとは?」という基本的な目線に立ち、生み出されたのが減災風呂敷「結」になります。

監修:東北大学災害科学国際研究所 津波工学研究分野 保田真理

店舗案内

宮城県

東京都

購入実績

減災風呂敷 「結」(ゆい)は多くの個人・団体(自治体)様にご購入頂いております。

仙台市 / 白石市 / 名取市消防本部 / 角田市 / 栗原市 / 東松島市
大崎市 / 七ヶ宿町 / 村田町 / 丸森町 / 松島町 / 大衡村

お問合せ

お問合せ:株式会社 仙台放送 デジタル事業部

TEL:022-267-1266 FAX:022-267-0887
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉5-8-33 

担当:津田・大平

仙台放送
ページの先頭へ