FNSチャリティ募金受付中
500円以上の募金で仙台放送のキャラクター「ジュニ」のぬいぐるみをプレゼント。


FNSチャリティキャンペーンは2020年度
モザンビーク共和国の子どもたちを支援します
モザンビークは、アフリカ大陸の南東部にある世界最貧国のひとつです。
国民の約半分が国際貧困ライン(1日約200円)以下で生活しています。人口の大多数が天候に依存する自給自足の農業を営む中・北部の農村地域は開発が遅れており、貧困層が特に多くなっています。
気候変動は、自然災害や農作物の不作、栄養不良やマラリア、下痢症などの感染症の増加など、人々に大きな影響をもたらし、特に貧しい人々へ甚大な被害を及ぼします。
国連事務総長は、2019年にモザンビークを直撃した過去最大級のサイクロンが気候変動の「新たな警鐘」であると述べています。集まった募金は、ユニセフを通じて、モザンビークの子どもたちの支援に使われます。皆様のご理解とご協力をよろしくお願い致します。

FNSチャリティキャンペーンは
1974年にフジテレビを中心としたFNS系列28局が、公益財団法人日本ユニセフ協会と協力して発足しました。
年度ごとに支援国を定めテレビやインターネットを通じて全国に募金を呼びかけています。
■FNSチャリティツイッター
https://twitter.com/FNSCharity

営業日のご案内
■休館日
毎週木曜日休館