─ 現在の仕事内容
営業外勤として、広告主や広告会社とやり取りをしながら、CM出稿やイベント協賛、その他放送に関わるセールスをすることが主な業務です。メインは番組提供枠(タイム)のセールスと、期間や規模が決められたCM出稿(スポット)の効率UPやシェア獲得を目指す交渉ですが、それと並行して、イベント協賛や放送に関わる企画提案を行います。最近は、大手飲料メーカーの新商品発売時に、宮城にゆかりのあるタレントを起用した60秒CMを制作・放送する企画を実施しました。
─ 仕事のやりがい
「佐藤大樹」という人間だから成り立つ仕事ができたときにやりがいを感じます。案件の大小にかかわらず、番組提供の枠を買ってくれたり、CM出稿のシェアを寄せてくれたり、広告主がやりたいという企画の話を振ってくれたりとしたりと、「大樹が言うなら」といって何かが成立したときに自分の存在意義を感じるからです。初めて番組提供枠のセールスが成立し、テレビでそのCMが流れたのを見たときのことは今でも忘れられないです。
─ 今後の夢・やりたいこと
私はまだイベント協賛のセールスで十分な実績をあげられていないので、コロナ禍でイベントの実施自体が難しい環境下にはありますが、またイベントができるような世の中になれば、そこにも力を入れていきたいです。また、デジタル広告が台頭する中で、ローカル放送局の存在意義を示していけるような新たなセールスモデルの構築や企画の立案・実施にも取り組んでいきたいです。
─ 仙台放送を選んだ理由
特にテレビが大好きだったというわけではありませんでしたが、最初に参加した合同説明会で、当時東京支社営業部に所属していた方のお話を聞き、テレビ局の営業の仕事に興味を持ちました。
それから仙台放送の全ての説明会に参加し、どの会でも、自分の仕事を楽しそうに話す各部署の社員の方々の姿をみて、魅力的な会社だと思い、仙台放送を選びました。
─ 就活生へのメッセージ
私自身、就職活動で自分の考えていること・思っていることを言語化し、相手に伝えることを通して、自分がどういう人間なのか考える時間がたくさんありました。その自分に嘘をつかず、素直に入りたいと思った会社が仙台放送でした。もちろん全てが思い通りというわけではありませんし、大変なこともありますが、それ以上に、年次に関係なく仕事を任され、自分の存在意義を感じることができる今の環境が私にとってはとても幸せです。皆様の就活が素敵なものになるよう、応援しています!もし同じ部署になったらよろしくお願いいたします!